<< JDKをインストール | main | テスト用フォルダを作成 >>

スポンサーサイト

  • 2013.11.08 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


環境を設定

JDK を使用するには、環境変数 PATH に、javac.exe などへのパスを設定する必要があります。JDK が C:¥j2sdk1.4.2_06 にインストールされている場合の設定方法(Windows XP)を説明します。

[スタート] →([設定])→ [コントロールパネル] →([パフォーマンスとメンテナンス])→ [システム] を起動。
[詳細設定] → [環境変数] ボタンをクリック。
ユーザー環境変数に PATH が登録されている場合は PATH を選択して [編集] をクリックし、[変数値] の末尾に ;C:¥j2sdk1.4.2_06¥bin を加えて [OK]。
ユーザー環境変数に PATH が登録されていない場合は [新規] をクリックして、[変数名] に PATH を、[変数値] に C:¥j2sdk1.4.2_06¥bin を入力して [OK]。
これにより、次回、コマンドプロンプト(MS-DOSプロンプト)起動時に、環境変数 PATH に JDK へのパスが設定されます。下記の手順で確認してみましょう。

[スタート] → [(すべての)プログラム] → [アクセサリ] → [コマンドプロンプト] を起動。
set コマンドを実行。
環境変数 Path に、C:¥j2sdk1.4.2_06¥bin が含まれていれば OK。

C:¥>set ← 環境変数を表示
Path=C:¥WINDOWS¥system32;C:¥WINDOWS;C:¥j2sdk1.4.2_06¥bin

スポンサーサイト

  • 2013.11.08 Friday
  • -
  • 00:46
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
相互リンク
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links