<< ファイナル修飾子(final) | main | ネイティブ修飾子(native) >>

スポンサーサイト

  • 2013.11.08 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


抽象修飾子(abstract)

abstract は、クラス、インタフェース、メソッドが抽象的なものであり、不完全なものであることを示します。メソッド名、引数の型などのみを定義し、サブクラスが必ず実装しなくてはならない機能を明確にしておくのが主な利用目的です。

抽象クラス はそのままではインスタンス化することができず、必ずサブクラスを定義して不完全なメソッドの実体を定義してから使用する必要があります。抽象クラスは通常、ひとつ以上の 抽象メソッド を含みます。抽象メソッドはメソッド名、引数の型のみが定義されていますので、どこかでその中身を定義する必要があります。

abstract class クラス名 {
:
abstract void testFunction(int a);
:
}

インタフェースは常に抽象です。以前は下記のように abstract interface と記述していましたが、最近では書かないことが推奨されています。

abstract interface クラス名 {
:
abstract void testFunction(int a);
:
}

抽象クラスとインタフェースは用途は似ていますが、抽象クラスは抽象メソッド以外の通常のメソッドも記述できる代わりに、ひとつのクラスが複数の抽象クラスを継承することができません。

スポンサーサイト

  • 2013.11.08 Friday
  • -
  • 22:34
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
相互リンク
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links