スポンサーサイト

  • 2013.11.08 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ステップ7 入力値を加工する

import java.io.*;

public class train7{
public static void main(String args[]){
BufferedReader myReader = new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in),1);
try{
System.out.println("A+Bの足し算を行います。");
System.out.println("Aの値を入力してください。");
String javaget =myReader.readLine();
int intA = Integer.parseInt(javaget);
System.out.println("Bの値を入力してください。");
javaget=myReader.readLine();
int intB =Integer.parseInt(javaget);
int intAnswer=intA+intB;
System.out.println("A+Bを計算すると"+intAnswer+"になります。");
}
catch(IOException e){
System.out.println("エラーが発生しました。");
}
}
}

コマンドプロンプトで

Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:¥Documents and Settings¥folute>cd..¥..

C:¥>cd train

C:¥train>java train7
A+Bの足し算を行います。
Aの値を入力してください。

数値を入力していくと。

Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:¥Documents and Settings¥folute>cd..¥..

C:¥>cd train

C:¥train>java train7
A+Bの足し算を行います。
Aの値を入力してください。
2
Bの値を入力してください。
2
A+Bを計算すると4になります。

C:¥train>

ステップ6 入力とその出力

次のソースを作りましょう。

import java.io.*;

public class train6{
public static void main(String args[]){
BufferedReader myReader = new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in),1);
try{
System.out.println("名前を入力:");
String javaget = myReader.readLine();
System.out.println(javaget + "さん ですね。ようこそJAVA習得の道へ");
}
catch(IOException e) {
}
}
}

で、コマンドプロンプト

Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:¥Documents and Settings¥folute>cd..

C:¥Documents and Settings>cd..

C:¥>cd train

C:¥train>javac train6.java

C:¥train>java train6
名前を入力:
tane
taneさん ですね。ようこそJAVA習得の道へ

C:¥train>


ステップ5 クラスを使ってみよう

public class train5{
public static void main(String args[]){
String javaget ;
javaget="String クラスを使って表示しています。ちゃんと見れますか?";
System.out.println(javaget);
}
}



Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:¥Documents and Settings¥folute>cd..

C:¥Documents and Settings>cd..

C:¥>cd train

C:¥train>javac train5.java

C:¥train>java train5
String クラスを使って表示しています。ちゃんと見れますか?

C:¥train>

ステップ4 変数について学ぶ

次のようにテキストを編集しましょう。

public class train4{
public static void main(String args[]){
//変数の宣言
int intA;
int intB;
char chrA;

//変数に値を代入
intA=10;
intB=2;
chrA='a';

//変数を表示する
System.out.println("intAは、"+intA+"です。");
System.out.println("intBは、"+intB+"です。");
System.out.println("intA+intBは、"+(intA+intB)+"です。");

}
}

編集したら、保存してこれまでのステップで行ってきたように
コマンドプロンプトからjavaを実行してみましょう。

結果がうまくいけば、次のようになると思います。

Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:¥Documents and Settings¥folute>cd..

C:¥Documents and Settings>cd..

C:¥>cd train

C:¥train>javac train4.java

C:¥train>java train4
intAは、10です。
intBは、2です。
intA+intBは、12です。

となります。

変数とは、器のようなものです。



C:¥train>

ステップ3 文字列を学ぶ

public class train3{
public static void main(String args[]){

ステップ2 簡単な計算を行う

テキストや秀丸などで、次の文章を作成しましょう。

public class train2 {
public static void main(Stirng args[]) {
System.out.println(1+1);
System.out.println(10-1);
System.out.println(2*2);
}
}

ステップ1と同様に、train2.java でファイルを保存します。
(ファイルの保存先は、C:¥train)

次にコマンドプロンプトを開きます。
ステップ1と同様の作業を行うと次のようになります。

Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:¥Documents and Settings¥folute>cd..

C:¥Documents and Settings>cd..

C:¥>cd train

C:¥train>javac train2.java

C:¥train>java train2
2
9
4

C:¥train>

成功すると次のようになります。

ステップ1 ”JAVA習得への道”を表示する

テキストや秀丸などで、次の文章を作成しましょう。

public class train1{
public static void main(String args[]){
System.out.println("JAVA習得への道");
}
}

この文章を作成したら、train1,java のファイル名で保存しましょう。
ファイル名は、下線部分の名前をつける必要があります。

public class train1{
public static void main(String args[]){
System.out.println("JAVA習得への道");
}
}


保存したら、保存した場所を覚えておいてください。
今回の場合は、C:train(Cドライブの中のtrainのフォルダの中に保存しています。)に保存しました。

保存したら、コマンドプロンプトを開いてください。
ファイルが保存されているディレクトリへ移動します。

C:¥Documents and Settings¥folute>cd..

cd.. を入力して、ディレクトリを上昇させます。
そして、ディレクトリを

C:>

にいきます。そして、ファイルのあるディレクトリに移動します。
移動も cd で移動するディレクトリを指定します。

C:>cd train

と入力して、

C:¥train>

となればOKです。


やっと、javaを動かします。まず、classファイルを作成します。
つぎのように、javac ファイル名.java と入力してください。

C:¥train>javac train1.java

そして、次のように入力してみてください。
C:¥train>java train1

うまく言っていれば、次のようになります。

C:¥train>java train1
JAVA習得への道

こうなれば成功です。

コマンドプロンプトで行った作業を下に列挙します。

Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:¥Documents and Settings¥folute>cd..

C:¥Documents and Settings>cd..

C:>cd train

C:¥train>javac train1.java

C:¥train>java train1
JAVA習得への道

相互リンク
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links